実務上よく利用されるスキーム

証券化の基本的スキームはこれまでに説明した通りですが、実務上、最も頻繁に利用されるスキームは、YKTKスキーム(新会社法施行以降はGKTKスキーム)とTMKスキームの2通りです。
ほかにも色々な工夫を凝らしているスキームがありますが、この2通りのパターンの応用であることが多いようです。
YKTK(GKTK)スキーム
YKTKスキームは、有限会社と匿名組合を組み合わせたスキームです。
有限会社と匿名組合のそれぞれのアルファべットの頭文字をとり、省略してこのように呼んでいるのです。
匿名組合契約(商法535条以下)は、匿名組合員が営業者に匿名出資(通常は現金を拠出)をし、営業から生じる利益の分配を受ける契約です。
大ざっぱにいえば、資金運用したい人(匿名組合員)が、営業者に資金を預けて不動産で運用してもらい、そこで得られた利益の分配を受ける方式です。
YKTKスキームでは、有限会社が営業者となって投資家から匿名出資を募り、事業を営むことになります。
匿名組合は法人税がかからないコンジット(導管体)の機能を持っているので、出資者(匿名組合員)は法人税支払い前の利益の分配を受けることができます。
また、出資者は出資額を限度として損失を分担する義務を負いますが、出資額以上に損失を被ることはありません。
出資者が複数いる場合であっても、匿名組合契約はそれぞれの出資者と営業者との間の1対1の契約であって、出資者間で直接的な法的関係がないことが特徴です。
ちなみに匿名とは「名前を隠すこと」です。
この契約では出資者間で直接的に法的関係がなく、その意味では相互に名前を知らないことになるので、匿名組合契約と呼ばれています。
もっとも証券化の場合、実際にはほかの出資者が誰かを知っている場合が多いようです。
なお、営業者に株式や社債を発行して資金調達させたいときには、簡便性などの面で劣りますが、YKTKと同様なスキームで株式会社と匿名組合の組み合わせを選択することができます。